top


















 なんなんでしょうね~~~


ボクが店を始めてから16年も経つわけですが、



謳い文句が変わるだけで、



その当時と変わらず日本の子供靴にはなんら変化を感じる事はなく、




まあヨーロッパの子供靴も、


良い意味で変わってないんですけどね。




 これからの季節、



大人より発汗量の多い子供の足、


特に足において1番汗をかく足裏、


せめて中敷きが革で出来ているものが望ましいですよねっ。






photo1

(7月8日)
















 ここ最近サイトにもよく登場している同メーカー。


 ミラノやローマのような都市部でもそうでしたが、

山奥の僻地でも、

去年、一昨年と現地を歩いていると必ず誰か履いている人を見かけました。



 日本で売れているイタリアブランド、

ではなくイタリアで売れているイタリアブランド。



 工場や保管庫もエコを意識した設備で、

全てのマテリアルも革の部分は有害なものは使わずクロームフリー、

金属部分もニッケルフリー、

外部でもテスト済みのパーツを使い、

自社でも独自でテスト済み。


 これはウンチクではなく、

昨夏に現地で、

同社のプロダクトマネージメントのMichelaさんから聞いたお話。




 これから素足で履きたいサンダル、

体に優しいものを是非。





photo1

(6月6日)

















 靴のチョイス



 自分に合ったもの、


それは足に合ったものだったり、


装いに合ったものだったり、


年齢に相応なものだったり、


と、


みなさんそれぞれにきっと基準のようなものがあるんだと思います。




 その中でも無意識の中に1番みなさんが気にされてるのは、


年齢に見合う靴選び。



 「この年になると・・・」


のような感じ、


ですね。



 そんな中、



60歳を過ぎても

年齢は全く気にされずに



履きたい靴を履く




そんな(防府市の)Yさん、



自分も60歳を過ぎた時にはそうでありたいものです。






photo1


(写真はYさんご購入のお靴、このカラーはメンズのみの展開。
レディスは黒と白の2色展開)

(4月28日)

















 ここ最近、この手のスニーカーをチョイスされる方が増えてます。




 ジョギングシューズのようなスニーカーだと出かける場所を選ぶ事もあり、


かといって革靴だとラフに履けない時もあり。




 これからの季節、


旅行にもオススメの1足。






photo1

(こちらはレディースサイズのみの展開)

(4月14日)



















 DMの写真というチョイス




 プライベートで、

昨年から土壁作り(汗)。

 竹を編んでから土を塗る、

店とおんなじ事をやってるわけですが、

トロ箱に入った土を見て閃いた今回の写真。



photo1




 その事で今回も沢山のメールやお葉書き、お電話を頂きました。



というわけでたまには舞台裏も綴ってみます!



 「 毎日手帳に挟んで持ち歩いてます。」
と(防府市の)Mさん!

(最高に嬉しいです。)



 「石川県はまだ寒いので、春をプレゼントしてもらって凄く嬉しいです!早速玄関に飾りました。」
とMさん!



 「やっぱりいつか、ムッシー写真展やってもらいたいです。」
と(笑)東京都のMさん!

(褒め過ぎー!)



 以前このサイトにも、最高に素敵な年賀状を今年送って下さった話を書いた事がありますがその方から


 「3月17日のコラムの写真を見て思わず
『さすがだ!』って叫び、
 そのわずか数日後にさらに素敵なDM(が届き)、

ムッシーさんには勝てません。」




と(光市の)Kさん!

(3月17日の写真は昔DM用で撮ったけどすみません、実は没写真なんですよ~~・苦笑)





「今度、学会の発表でパワポを使うけど、ムッシーのその写真使わせて!」

と話して下さった(山口市の)Hさん!

(早速写真を送りましたがもちろん遠慮なく!)





 「花の足型のハガキ、斬新!
 これを作っていた人の乙女チックな気持ちを想像して
 思わず微笑んでしまいました。」


と、長年いつも気にかけて下さる(防府市の)Jさん!




 今回は、沢山撮った中から、その壁作りの現場でお世話になってる建築士のKさんが選んで下さった1枚!




 きっと言葉にされなくても、

沢山の方がそれぞれに想いを汲み取って下さり、


本当に感謝しています。



 写真のイメージはいつも偶発的で、モノ(対象物)を見た時にハッとなって形にすることが多いのですが、



今回は、出会いの中からインスピレーションを受けて撮った1枚。







 足跡に花を咲かせよう





 そんな気持ちで撮った1枚。




 明日から4月、


また新たな一歩を踏み出せると良いですねっ。




photo2

(やっと昨日届いた新商品~from Italy)

(3月31日)

back・next